「大きな森の小さなギャラリー」

アクセスカウンタ

zoom RSS 移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。「土地と家のコストバランス」

<<   作成日時 : 2017/02/28 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


「中馬のおひなさま」がはじまっています、
足助の旧街道・塩の道に並ぶ、おひな様。
どうぞ、訪ねて見てください。

長野県の建設中の現場に出かけ、風邪でダウンしてしまいました。
しばらくお休みしていましたが、今はすっかり元気になりました。
記事を再開します。


移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。
「土地と家のコストバランス」について

里山におけるシェアハウスの提案は、前回に記事にしましたが、
今回は、里山に住むための土地と家とのコストバランスについて、
提案をしてみました。

土地を準備し、家を建てるまでの費用を計画する。
そのむずかしさは、コストバランスにあります。
地価は都会に近いほど高くなり、通常コストバランスは、良くありません。
土地に占めるコストが大きすぎるのが、現状です。
しかし、地価が安いからといった考えのみで、
田舎へ土地を求めるのも賛成できません。
将来に向かって、土に親しむ価値ある普通の暮らしを求めたい、
自然が好きで、畑づくりを考え、少し遠くても、通勤を頑張る。
(90分くらいが限界でしょうか、、、)
近隣の方に野菜づくりを教えて頂く、
夜の明かりの遠からず、近からずの距離感で住まいたい。
そんな考えをお持ちの方なら、
里に広い土地を求めることも選択肢です。

私たちは里山に住み、21年目になります。
斜面地を含め200坪ほどの敷地で、暮らしています。
土地がひと区画200坪(606u)か、あるいは300坪(909u)なら、
敷地をゆったりと計画できます。
里山では、家と土地のコストバランスがとてもよいのです。
果樹を植え、遊び場をつくり、家と庭と、
自家菜園を組み合わせても、ゆとりある住環境ができます。
これだけの広さであれば、内と外とを楽しく結べます、
むしろ家は小さく、簡素であってもよいと考えます。

里山の土地を探されている方へ、案内です。

自然な地形のままで土地の購入を考える場合には、
いくつか留意すべき点があります。
公道から敷地への乗り入れの整備、まわりが農地であれば
住宅用合併浄化槽の設置と放流先の確保、水道(給水)の引き込み、
敷地測量、農地転用等の手続きの確認などが必要です。

案内しています、見晴らしと陽当たりのよい土地の全面積は
598.9坪(1.980u)有ります。
3区画(3家族の場合)では各々およそ200坪(606u)。この場合の
土地費用は、一区画450万〜500万くらい(水道と乗り入れ整備
・手続き経費をおよそ含めて)想定しています。
また2区画(2家族の場合)なら、
各々およそ300坪(909u)を土地費用600万〜650万くらい
(水道と乗り入れ整備・手続き経費をおよそ含めて)想定。
土地を購入されたい方の広さの調整と、
インフラ整備の方法によって、
共有スペースの取り方で変わります。
敷地全体598.9坪を一家族でと希望し、
エントリーされても構いません。



近くに住む地主さんに、
土地を訪ねてくださった方の状況を説明しました。

画像



画像



画像


画像



これまで、5家族の問合せがありました。
まだ、エントリー期間中です、
土地購入の検討をされたい方は、どうぞ、お問合せください。
ご案内いたします。地主さんはここで畑を耕し、
住みたい気持ちをもつ方に土地を譲りたいとのことです。

画像


また、里山のシェアハウスの絵を見て、
こんな方法もあるのかと感心してくださいました。
これはひとつの方法で、
シェアハウスの提案に縛られることはありません。
この土地は自由で白紙の状態です。
土地を見て、こうして住んでみたいと思われる方の
計画・提案をお待ちしています。







画像



画像



2010.2.26 「中馬のお雛さま」ブログ記事をご覧ください。
変わらない、のどかな風景です。

http://my-house.at.webry.info/201002/article_2.html


風邪で寝込んでいるとき、
ふるさと便で、土佐のぶんたんが届いたので、
砂糖漬けで天日干し。

画像


画像


画像







この機会に、土地をご覧になりたい方は、
どうぞ、お問合せ下さい。ご案内します。

土地の情報について、「住む土地を探している方へ」
http://my-house.at.webry.info/201701/article_3.html


里山でシェアハウス、定住・移住のためのひとつの方法。
http://my-house.at.webry.info/201702/article_2.html


問合せリンク : 「移住・定住を考える方のためのカフェ」







私達の仕事CATALOG web page     NEW   私達が構想し設計した木の家と庭、その場のあたたかな光、 カタログでは オリジナルキッチンや家具、 時間を経た素朴な自然素材こそ味わいが感じられます。  私達の Face book へは                                                 ※ ブログベージに掲載されています写真及びテキストの無断転用を禁じております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3月3日、今日は桃の節句ですね。
子供たちが嫁いだ後、何年もお雛様は納戸に終いぱなし(孫も男の子ばかりなので…)毎年、自分のために飾ろうと思いながら日々過ぎてしまっています。

この里山に、人々が集い、自然の中で自然と共存しながら、移り住んだ人々がお互いを尊重しながら、持ちつ持たれつの暮らしを重ね、赤ちゃんが生まれ、子供たちの笑い声が響き・・・

そんな里山の暮らしをサポートされるお仕事素晴らしいですね! 
mugen
2017/03/03 11:40
mugenさん、こんにちは! 今日は桃の節句。わが家にも長女のお雛様が眠ったままです。足助の町・旧街道は、にぎやかに中馬のお雛様が並んでいます。春が来たなと思わせてくれます、今、近くに住む方から、ここへ住みたい人がいたら、教えておくれん。と頼まれ、呼びかけているところです。土地を拝見したら、とてもいいところで、びっくり。里山に移住したい方にとっては、とてもよい広い土地なので、多くの方に知ってもらいたいと思っています。
大きな森の小さなギャラリー
2017/03/03 13:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。「土地と家のコストバランス」 「大きな森の小さなギャラリー」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる