萩野の里に移住、二軒並んで、暮らす。

山里に住む土地を探し、私達を訪ねたのは2年前、 今、広い敷地に二軒、並んで建設が進んでいます。 隣人どうし、敷地全体でふたつの暮らしと家が計画されています。 2家族は、今年の春、開塾した萩野の里のトンカン木工塾に、、、 もうすっかり仲良く 萩野の里には、NPO「結の家」があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山里に移住して24年。ヤギのこと

移住し、山里の小さな家の日々、 私たちの小さな暮らしで考えたことは、 家は、可能な限り小さく、 過不足のない簡素な暮らしを求め、 自然の恵みを充分に受け、 少しの工夫をし、無駄なエネルギーを使わず、 土に戻せるものは、できるだけ還し、 数本の果樹を植え、樹木とともに過ごし、 四季のうつろいを身近に感じ、 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山里に、住む土地を探している人へ  足助地区 / 萩野

自然豊かな土地探しをしている方へ、畑と庭と、家を結ぶ住まい方、 山里に住む計画をする。 私達が住む、川の向こうの集落の一角に1,347㎡(407坪)の土地があります。  広い土地なので、440㎡くらいの区画を所有し、 ゆったりと家が建てられます、田舎に住みたい希望者を探しています。 三軒を計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山里を知り、人を知り、住む場所を探す、「トンカン木工塾」は、自然の中の工房です。

ここ暮らっそプロジェクト「トンカン木工塾」は、 自然の中の工房です。 山里を知り、人を知り、住む場所を探す、 そんな交流の場です。 然りを学び、自ずからを大切にしたい方のための、 学びの工房です。 6月の第三回は、ピロティ階で 床下の土台と大引き組みを体験しました。 束石の据え方の、この仕組みが分かる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二回トンカン木工塾は、 ・川がつなぐ、いのちの森と、人と暮らし・

ここ暮らっそプロジェクト「トンカン木工塾」は 自然の中の工房です。 4月の第一回は、ゲンノウの使い方。 5月の第二回は、 サダ棟梁から直伝 「ノコギリの技の伝授」でした。 ワイワイ、和やかに。 図解説明のあと、 まずは「体で覚えること」と 床の下組の土台と、大引きをつくる修行。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私達が設計した「だいどころ」写真展示 Hand made kitchen

Hand made kitchen だいどころ 島いずみが設計した「だいどころ」 写真展示をしています。 2019..4.29~ だいどころは、暮らしの真ん中に、、、 暮らしを考えるヒントが、いっぱい オープン・エア・ギャラリー 訪ねる・予約  リンクページ  ↑ (希望日の要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山に土地探しをしている方へ ・ 屋外ギャラリーをオープン ・

この連休中、屋外ギャラリーをオープンします。(要予約) 私達を訪ねるページ  予約は、このリンク ムベの花が咲く テーマ1 「畑と庭をつくる。果樹を植え、小さな家を。」 テーマ2  「暮らしの中心に、だいどころ。  オリジナルキッチンの実例集」 広い土地があります。 豊かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンカン木工塾が始ります。

4月27日(土)、28日(日)~ 工房サイン 月の第4週の土日 子供とトンカン遊び、学ぶ 自然の中の木工塾。が始まります。 無料体験(4/15~申込可)もできます。 地元産の木を利用して、手作り体験 屋外テーブルや、ベンチ、 子供のブランコや、自作の棚をつくる。 きれいな川で遊べます。筏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩野/移住ガイドは、まもなく、 / サクランボの花が満開

萩野地域の仲間で、移住ガイドブックをつくりました。 どんな紹介冊子にしようかと、 構想を提案、話し合ったのは、一年前でした。 冊子づくりの案を考えているなかで、 これからの地域の在り方と、 ふるさと萩野をあらためて見直しました。 萩野自治区に、継続して地域づくりをするために 萩野NPO「結の家」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山に、住む土地(1,347㎡)を探している方へ 足助地区/萩野

私たちは、豊田市足助地区 萩野の里に住んでいます。 この萩野の地に移住したのは、24年前、 その頃に植えた梅の苗木が、今満開です。 大きな枝を広げ、春の庭を明るくしています。 下には足助川が流れています、 その川の向こうの集落の一角に 1,347㎡(407坪)の土地があります。 広い土地なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応募開始 トンカン木工塾とは、

応募受付はじまる。トンカン木工塾とは、 ゲンノウ・のこぎり・カンナなどの 大工道具の使い方から、 地域の大工棟梁がやさしく指導します。 初心者でも、親子で、ものづくり体験ができます。 ほっこりと学べるリフォーム塾、 ここは移住を考える学びの場であり、 移住への思いを抱く家族が出会う、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「萩野学区の未来」の集い・移住定住を拓く

12月15日 土曜日 午後1時30分~  予定時間90分 桑田和集会所 萩野小学校交差点、かおりんカフェ 南へ1分  案内表示あり 「萩野学区の未来」の集い  萩野学区の未来を拓く、報告会 主催: 萩野自治区 共催: 萩野将来計画策定プロジェクトチーム 1.大島光利氏を迎え、ミニ講演会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山・萩野地域づくりのポスター

萩野の地域づくりのポスターができました。 地域の仲間、有志とともに、 萩野学区の未来を拓くをテーマに 12月15日に活動経過の報告会を開きます。 そのポスターです。 萩野では、 移住対策を主軸に、地域づくりがはじまっています。  「萩野学区を考え・地域の魅力を見つける、冊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年とよたいなか暮らし博覧会予約受付中です。

足助の香嵐渓、飯盛山では、美しい紅葉 がはじまります。そこから、少し離れたところに 私達は、住みます。 ここは、静かな山里 昨年のとよたいなか暮らし博覧会に、私達を訪ねて下さった ご夫婦の感想、 足助に住みたいと土地を探し、 家をつくる方法と土地のよい見つけ方を お話ししまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古民家を探し、住む 第2章

古民家を探し住む。 第2章 古民家をシェアして住む。 そして、「共有空間を持つ、暮らしのかたち」 ゆるやかにつなぐ「暮らしのかたち」をイメージすれば、 いつも、誰かがそばにいる。 人生の先輩に、学ぶこと、 静かなプライベートスペースは、屋根裏部屋が、 子供は、仲間同士でたくましく育つ。 第1章…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「とよたいなか暮らし博覧会」の予約は10月22日から、

「いなか暮らし博覧会」は、全27プログラムを公開しました。 予約開始は、10月22日(月)午前9時からです。 私達もプログラムナンバー11で参加しています。 いなか暮らし、土地探しからはじまる、家づくりをガイド どうぞ、ご覧ください。 「いなか暮らし博覧会」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古民家を探し、住む。  ・移住・定住を考える。・

古い家を改修し、里山に移り住む。 (クリックでページが開きます。) 実りある暮らしを実現する架け橋、私達の提案です。 第一章 古民家改修を前に。 水回りとミニキッチンを合わせ、10㎡の広さでつくる。 私達は、豊田市足助地区の里山に住み23年 、 移住の一年は、地域の方の紹介で古民家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネムノキの花咲く ・移住・定住を考える。地域冊子づくり・

庭のネムノキに淡く、やさしい花が咲くと、 真夏がやって来る。 地元里山の萩野小学区で、 移住・定住を考えるプロジェクトがはじまり、 会議に参加。  このテーマは、私達夫婦がこれまでずっと、 活動してきたことです。 愛知県から長野県・岐阜県・三重県、 遠くは北海道網走まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間に ・暮らしは、季節の中に・ 

下の清流でホタルが舞うと、里山にホタルブクロが咲く 木陰をつくるアケビの実が大きくなり、 梅の実も、熟して梅ジャムづくりの季節 その前に、今日はスモモを収穫、 スモモジュースを漬けて、次はスモモジャムの支度、 梅雨明けまでに、梅ジャムづくり、里に夏がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山に住む土地を探すネットワーク

畑と庭と、家を結ぶ住まい方、広い土地をシェアする 私達は、新しい里山保全を考えた暮らし方を提案します。 自然豊かな土地探しをしている方へ、 里山に住む家を計画するための、 そのネットワークを呼びかけています。 現在、里山の土地をシェアし、取得された2家族の、         第1回プロジェクトは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白梅の花、咲く。果樹を植えたこと、

朝からの雨上がる。 毎日、図面を描く忙しい日々、 今は、オリーブの店と家を設計している。 庭の白梅の花が咲き始めた。 ニュースでは、桜の便り、 里山は、季節がひとつ、遅い。 この梅は、初夏に実をつけ、 梅ジュースや、梅ジャム、梅干しになる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

里山に住む。花餅とヤギと

里山に住む。花餅とヤギと 寒い日が続いています。 夜も零度を下回る寒さ、 残り少なくなった落葉で、 寝床をつくってやると ヤギのメェーコは、気持ちよさそうに まわるくなって眠ってる。 外は、雪 この季節は、川辺に緑の草もわずか、 雪が降りると、 草を食むこともで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

515㎡の敷地(豊田市有物件)が最低売払価格¥341,000円です、 地元住民と仲間になって住む。

地元住民と仲間になって、いなかで子育てを。 田舎暮らし移住定住の土地探し 豊田市旭地区杉本は、静かで、のどかな山村。わか家(足助地区)から15分くらいのところに、敷島小学校、杉本こども園があります。その近く、小高い515㎡の敷地(市有物件)が最低売払価格¥341,000円です、移住・定住でいなか暮らしを実現したいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

造園家夫婦の家を訪ねた日、movie ・私達の仕事・ 

設計した造園家夫婦の家、 引っ越して、落ち着きましたと葉書が届き、 訪ねた日は、トングリと落葉がいっぱい、 葉を落とし透けた林に木の家と、青空が 広がっていた。 庭と家とが、いつかひとつになるようにと 計画されたこの家。 どうぞ、サイレントムービーで ご覧ください。 ドングリの林に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子供たちの遊び場計画の絵を描く。 ・里山に暮らす、私達のボランティア活動・

呼びかけと、私達夫婦ができる応援です。田んぼ跡地の遊び場、 子供と仲間と場所があれば、 描くことをボランティアで行います。 遊び場計画を絵で見える形に することを提案しています。 子供のための遊び場づくり、 子育ての頃に作った 間伐材を利用した手作り遊具、 秘密基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら村、子供のための第2秘密基地を考える。 

第2秘密基地計画、   「広葉樹のスペースで、子供たちが楽しめる基地の絵を ボランティアで、お願いすることは、できるでしょうか。」 さくら村ガキ大将養成講座で、子供たちと 秘密基地づくりをしているface book友達、 安藤征夫さんから突然、 問合せがあったのは、今年の5月。 私のフェイスブックを見てのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

You tube 庭と家シリーズ で10.429回再生

You tube 庭と家シリーズは、 2017年1月にアップしてから10ヶ月で 10,429 回再生(2017.11.8現在)されています。 どうぞ、ご覧ください。 シリーズの構成は、 第一編、「畑のなかにちいさな家」 第ニ編、「家と畑と」 計画の方法とスケッチ 第三編、 「大きな森の小さなギャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いなか暮らし博覧会 / 豊田市移住体験交流

いなか暮らし博覧会が 10月9日(月)~12月10日(日)まで 開催されます。 豊田市の田舎の魅力を 体験できる21のプログラム、 いなかでの素敵な出会いをつくる おいでんさんそんセンターの 素晴らしい企画です。 申込み受付開始は、もうすぐ 平成29年9月19日(火)から始まります。 豊田市移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土地を探し、里山に住む家を計画する。/ 里山に住むために土地探しをしている方へ

土地を探し、里山に住む家を計画する。 里山に住むために土地探しをしている方へ 「畑でもして、ここに住みたいと 思うひとがおらんかのウ」 と近くに住む地主さんに頼まれ、 それから6か月。 ブログで足助の土地を紹介したのは、 2017.1.24のブログ記事 「大きな森の小さなギャラリー」でした。 近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土地を探し、家を計画する。 ・例えば、八ケ岳山麓に住む家の方法・ 

土地を探し、家を計画する。 家づくりは、何からはじめたら ? 手掛かりは、小さい時からの 体験の中。 子供の頃のこと、風景、空気の匂い、 旅の思い出などがヒント、 今、大切にしている時間は、 大切にしていきたい時間。 本を読む、音楽を聴く、 休日は、ゆっくりと畑仕事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子供とヤギ小屋をつくる騒動/ その2」 移住・定住を考える方へ、 土地探しの方法、家実現まで

里山の遊び、移住・定住を考える方へ http://simaarchitectdesignoffice.businesscatalyst.com/index.html 「子供とヤギ小屋をつくる騒動/ その2」 里山での子育て時代、 娘がヤギを飼いたい! 弟がニワトリを飼う! 家族会議を開き、 お母さんの采…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住む土地を探している方へ、呼びかけ。no.2 「土地探しと里に住むシリーズ」

「移住・定住を考える方のためのカフェ」からの 土地情報のお知らせ 足助地区、 足助川上流の里山です。 今は、段々の野菜畑、その上に山林があり、 見晴らしがとてもよく、 日当たりもいいところです。 広いので、庭+畑+家でゆったりと 隣り合って3軒くらいは建てられ、 街中では考えられない、 のびやかな自然環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子供とヤギ小屋をつくる騒動 /その1」里山の遊び、 ・里山へ移住・定住を考える家族のために・

「子供とヤギ小屋をつくる騒動 /その1」 里山の遊び、 ・里山へ移住・定住を考える家族のために・ 娘は、想いがつのり、さっと調べ、 「やっぱり子ヤギを飼う」 来年の春から飼う、、、 「えっ!」 続いて、弟が(なぜか自給自足の妄想) 「ボクは、ニワトリ五羽飼うからねっ」と 「そうか、自分で世話する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子育ての頃」里山の遊び、・里山へ移住・定住を考える家族のために・

「子育ての頃」里山の遊び、 里山に移住して、 足助で生まれた子供のために 木の遊具を手作り、 敷地の杉、ヒノキを間伐して 果樹を幾本かを植え。 その間伐材を利用して 木の遊具をつくる。 ターザンブランコ、 ハンギングの木馬、 三角テントとハンモックは使われなくなった …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しいホームページを開設しました。 ・島好常・島いずみ建築研究所・

新しいホームページができました。 自然豊かな暮らしを求める人のために、 里山に暮らす設計者である私達夫婦の提案をご覧下さい。  新しいホームページ リンク   ↓ sima architect design office 島好常・島いずみ建築研究所 私達の設計コンセプトは、ナチュラルで、 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の遊び  「子育ての頃」

里山の遊びは  「小学四年生の頃」 いちばん下の子は、 移り住んだ足助(現:豊田市足助地区)で生まれ。 小学4年生(今は、高1)になると、おおきな木に登りたいから、 ロープが欲しいと。 結び方を本で調べ、昔からの方法をみつけ 「ロープで高いところへ登れる!」 宣言。 近くの社や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人生フルーツ」予告編をご紹介。 里山へ移住・定住を考える方へ

映画「人生フルーツ」を 里山に移住・定住を考える方に、ぜひ見て頂きたいと思います。 里山に住み21年、私たち夫婦も、 津端さんの考えに影響受けております。 私のパートナーいずみは25年前に、 朝日新聞の企画対談でお会いし、 お話しを伺って多くのことを学んだと、、、 こつこつ、実践することの大切さを。 この映画はまるで、朝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。「土地と家のコストバランス」

「中馬のおひなさま」がはじまっています、 足助の旧街道・塩の道に並ぶ、おひな様。 どうぞ、訪ねて見てください。 長野県の建設中の現場に出かけ、風邪でダウンしてしまいました。 しばらくお休みしていましたが、今はすっかり元気になりました。 記事を再開します。 移住・定住を考え、里山の土地を探されている方へ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山でシェアハウスを考える。土地を探されている方へ / 広さを生かして定住、ひとつの方法。

里山でシェアハウス、定住・移住のためのひとつの方法。 併設:移住・定住を考える方のためのカフェ「大きな森の小さなギャラリー」 少子核家族化へと進んでいる今、 自然豊かな里の地形をそのままに、 三軒の家族が集って暮らす。 たとえば、どんな方法があるでしょうか。 土地に屋外のシェアスペースをつくる、 家にシェアするスペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足助川上流の里山 / 住む土地を探している方へ その2

これは15年前、足助里山移住を考える家族のための、 当時の自然観察会の写真です。 季刊誌「住む。」15号(2005年11月号) 特集「里山につくる。小さな集落」に私達が寄せた文です。  里山では、過疎化、農地荒廃から里山保全を  考える地域住民がいます。  一方、都市部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住む土地を探している方へ 豊田市足助地区 / 土地のお知らせ

住む土地を探している方へ土地のお知らせ/豊田市足助地区 併設:移住・定住を考える方のためのカフェ「大きな森の小さなギャラリー」 私達、建築家夫婦は豊田市足助地区、 足助川上流の里山に住んでいます。 名古屋からここへIターンして21年目になります。 昨年12月、近くに住んでいらっしゃる方に、尋ねられ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計画スケッチから実現まで ・私達のムービー・ その2

メェーコの小屋は雪の帽子で、すっぽり 早朝、庭の柿の木に1メートルくらいの 大きさ、トビが堂々と、 羽を休めていました。 その精悍な姿と、大きさにびっくり、、、 どきどき、バルコニーデッキから見て、 5メートルほど先に、 こちらには気にもしない様子、 止まって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「薪ストーブ、冬の日。手づくり家具」足助 / 里山の暮らし創意工夫

外は曇り空、遠くから雪雲がやって来ます。 薪ストーブのやかんは、シューシューと音をたて、、、 窓辺のナンテンに時折、陽の光が射し。 私達、建築家夫婦は、豊田市足助地区の里山、 足助川上流、流れる清流のそば、 里山に暮らしています。 忙しい設計仕事の間のひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑のなかに ちいさな家 ・私達の仕事・

設計したいちばん小さなお家を 訪ねた日のムービーです。 小ささを いつくしみ、 簡素さへのきっぱりとした考え、 ご夫婦の暮らし。 2017年、新しい年にお送りします。 いちばんちいさな家を訪ねます。 東京の暮らしから この美しい山里が好きで …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

土地を読み解き、構想する。 ・八ヶ岳山麓、森の家・

土地を読み解き、構想する。 私が育った沖縄の海と、空はどこまでも青く、 そして見渡すかぎり、サトウキビ畑と風の音、 小さい頃から絵にすること、空想すること、 海と山で遊んでばかりの、ぼんやり少年、 今はこうして、建築をし、 クライアントともに 住むと決めた場所に立…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「里山の冬、薪ストーブで暮らす。」 住む土地を探す、

名古屋の都心から40分、 私達家族5人(夫婦+当時子供2人、1人この地で生まれ) 豊田市足助地区の里山にIターンしたのは21年前だった。 住む土地に出会え、 娘の小学校入学に間合わせてのあわただしい引越し、 家ができるまで、地元の方の紹介で茅葺き古民家の仮住まい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里に暮らす、薪ストーブの季節

ケヤキは、鮮やかに黄色く、 はらはら葉を落とし、山里は寒く、 夜は長く、早朝いちばん、 母さんは子供の弁当づくりに大忙し、 遠くの学校なので、 下の子(高一)は、まだ暗いなか、始発のバスで出かけます。 子供の体を気遣って、ゆず茶を 薪ストー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more